朝憲紊乱【ちょうけんびんらん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
朝憲紊乱

【読み方】
ちょうけんびんらん

「ちょうけんぶんらん」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
国家のおきてが乱れること。

【語源・由来】
「朝憲」は国家が定めた法律や規則のこと。「紊乱」は道徳や秩序が乱れるという意味。


朝憲紊乱(ちょうけんびんらん)の使い方

ともこ
災害が起きると、朝憲紊乱となるわよね。
健太
火事場泥棒ってやつだね。許せないよね。
ともこ
生き残ることで精いっぱいだったり、助けを求めている人がいる中で、無人の家の中のものを盗むなんて最低よね。
健太
朝憲紊乱ということにならないように、国には迅速な対応と救助を行ってもらいたいよね。

朝憲紊乱(ちょうけんびんらん)の例文

  1. 外国人労働者を多数受け入れると、文化の違いから朝憲紊乱となるのではないかと懸念する声が上がっています。
  2. インターネットに依存している現代では、サイバーテロによる朝憲紊乱が心配されています。
  3. あの国は内乱がおさまらず朝憲紊乱、法律はあってないような状態です。
  4. 明治時代、朝憲紊乱罪で東大を追われた学者がいます。
  5. あんな映画を国民の多くが目にすることになったら、朝憲紊乱、日本は乱れるということで、日本では映画公開が中止となりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事