孔孟老荘【こうもうろうそう】の意味と使い方や例文

【四字熟語】
孔孟老荘

【読み方】
こうもうろうそう

【意味】
古代中国の四人の思想家、孔子、孟子、老子、荘子のことをいう。またその教え。

【典拠・出典】


孔孟老荘(こうもうろうそう)の使い方

健太
孔孟老荘ってすごいよね。現代の僕が読んでも学ぶべきことがたくさんあるよ。
ともこ
それだけ人間は成長していないってことね。
健太
そうだね。科学がどんなに進歩しても、心は進歩していないのかもしれないね。
ともこ
この際、孔孟老荘を教科書にすればいいのに。

孔孟老荘(こうもうろうそう)の例文

  1. 孔孟老荘の言葉は、歯切れが良く暗唱しやすく心に響く。
  2. 思想家として孔孟老荘が有名ですが、孫子の兵法もたまらなく格好いいです。
  3. 孔孟老荘の孔孟は、儒学の大家で老荘は無為自然を旨としています。
  4. 孔孟老荘の孔孟は理屈っぽいから、老荘の言葉の方が心にしみる。
  5. 孔子、孟子、老子、荘子の孔孟老荘は古くから日本に多大な影響を与えてきました。

まとめ

孔子が説き始め、孟子、荀子が発展させたのが儒家で、社会の秩序である礼を重んじ、仁を説きました。老子を始祖とし荘子に受けつがれたのが道家で、儒家と相反する思想です。無為自然の中に理想を見出しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索