孔子之孫【こうしのまご】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
孔子之孫

【読み方】
こうしのまご

【意味】
孔子顔した分別くさい、学者ぶった、しかつめらしい者のこと。


孔子之孫(こうしのまご)の使い方

ともこ
さっきの人の話、聞いてた?
健太
聞いてたよー。分別くさかったね。
ともこ
孔子之孫かっ。
健太
理屈っぽくて面倒くさそうな人だったね。

孔子之孫(こうしのまご)の例文

  1. 健太くんは、しかつめらしくて孔子之孫のようだ。
  2. ともこちゃんの話し方は、学者のように堅苦しくて、まさに孔子之孫です。
  3. 健太くんは、孔子之孫みたいな人と話していると、一分で眠くなります。
  4. 孔子の本にはまっている健太くんは、最近、孔子之孫みたいな話し方をするから面倒くさい。
  5. 大学に行ったともこちゃんは、孔子之孫のように分別くさい女性になってしまった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事