君辱臣死【くんじょくしんし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
君辱臣死

【読み方】
くんじょくしんし

【意味】
主君が人から恥辱を受けたならば、その臣下たる者は、身命を投げ捨てても主君の恥をすすがなければならない。臣下は、主君と生死苦楽をともにすべきだとする中国、戦国時代の范蠡(はんれい)のことば。

【語源・由来】
「国語」越語下


君辱臣死(くんじょくしんし)の使い方

健太
忠臣蔵って、まさに君辱臣死の精神の話だよね。
ともこ
そうね。君辱臣死の精神はわからないではないけれども、家臣の家族のことを思うとやり切れないわよね。
健太
最近の研究では、忠臣蔵の話は美談化されていて、実は違うんじゃないかって話だよ。
ともこ
余計に切ないわ。

君辱臣死(くんじょくしんし)の例文

  1. 健太くんは、君辱臣死の思想を持っているので、主君ともこちゃんの汚名を雪ぐつもりだ。
  2. 君辱臣死を貫こうとしているともこちゃんを止めることにした。
  3. 主人の恥をすすぐため、君辱臣死を胸に敵討ちに出る決意を固めた。
  4. 健太くんは、自分の命をかけて主君の汚名を雪ぐことに躊躇したが、君辱臣死の心を熱く語られ、敵を討とうと心に決めた。
  5. 君辱臣死の精神で、社長が受けた辱めは、社員である僕たちがすすぐ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事