遊戯三昧【ゆげざんまい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
遊戯三昧

【読み方】
ゆげざんまい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
仏の境地に遊んで何ものにもとらわれないこと。また、遊びたわむれふけること。

【語源・由来】
仏教の語。「・・・三昧」はそのことに夢中になって他をかえりみないこと。

【類義語】
・遊蕩三昧(ゆうとうざんまい)


遊戯三昧(ゆげざんまい)の使い方

ともこ
健太くんは遊戯三昧だけど夏休みの宿題は大丈夫なの?
健太
大丈夫じゃないかも。昨日も徹夜してゲームをしていたから、朝焼けと夕焼けの区別がつかなかったんだよ。
ともこ
終わっているわね。
健太
いずれゲームの世界と現実の世界の区別がつかなくなりそうだよ。

遊戯三昧(ゆげざんまい)の例文

  1. 子供のころは遊戯三昧でいい、遊んで遊んで遊び死にそうなくらい遊べばいい。
  2. 遊戯三昧をもって、人生を楽しんでいきましょう。
  3. 遊戯三昧に生きたいと思っているけれども、数々の制約のせいでできずにいます。
  4. 十代の自殺率が高まっているそうだけれども、遊戯三昧の姿勢で生きる道もあるのだと知ってほしかった。
  5. あの頃は、勉強もせずに遊戯三昧でしたが、今は勉強の大切さを知っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事