去華就実【きょかしゅうじつ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
去華就実

【読み方】
きょかしゅうじつ

「華を去り実に就く」とも読む。

【意味】
見た目だけを着飾ることを止めて、真面目な態度をとること。
花を捨てて実を取るという意味で、見た目よりも中身を大切にするということ。


去華就実(きょかしゅうじつ)の使い方

健太
僕たちの学校は、校則が厳しいよね。
ともこ
そうね。去華就実をモットーにしているからね。
健太
でも、おしゃれして青春を謳歌したいじゃない。
ともこ
去華就実、青春も中身で勝負よ。

去華就実(きょかしゅうじつ)の例文

  1. ともこちゃんが目指す学校は、去華就実の精神を大事にしている。
  2. 去華就実を徹し、インスタ映えする食事ではなく、身体に安心安全な食事を心がける。
  3. わが社は実直なものづくりを心掛けているので、製品は去華就実、華やかさはないけれども長くお使いいただけます。
  4. ともこちゃんのお父さんは、去華就実な子になるように彼女を育てた。
  5. 去華就実の思想の下、豊かな人間性を育む環境が大切です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事