銀河倒瀉【ぎんがとうしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
銀河倒瀉

【読み方】
ぎんがとうしゃ

「銀河、倒しまに瀉ぐ」とも読む。

【意味】
大きくて立派な滝のこと。または、雨が激しく降るさま。

「銀河」は天の川。「瀉」は斜めになっている場所を水が勢いよく流れること。「倒瀉」は逆さまになって流れ落ちてくること。銀河が地上に降り注ぐという意味から。

【語源・由来】
李白「廬山謡寄廬侍御虚舟」「望廬山瀑布」


銀河倒瀉 (ぎんがとうしゃ)の使い方

健太
ともこちゃん滝が見えたよ。
ともこ
この滝は、まさに銀河倒瀉ね。
健太
ここまでがんばって山登りをしてきた甲斐があったね。
ともこ
眺めてるだけですべての嫌なことが洗い流されていくわ。

銀河倒瀉 (ぎんがとうしゃ)の例文

  1. ナイアガラの滝は、まさに銀河倒瀉といえる圧倒的な存在だ。
  2. 日光には、銀河倒瀉がたくさんあり、とても人気がある観光スポットだ。
  3. 台風が近づいているからか、今日は銀河倒瀉、外に出ることができないくらいの豪雨だ。
  4. 雨の日は好きだが、傘が意味をなさない銀河倒瀉だと困る。
  5. 目の前の滝は銀河倒瀉で、とても神々しかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事