窮鳥入懐【きゅうちょうにゅうかい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
窮鳥入懐

【読み方】
きゅうちょうにゅうかい

日本漢字能力検定
2級

【意味】
追われて逃げる場所がなくなった人が助けを求めてくること。追い詰められ、逃げ場を失った人が助けを求めてきたときは、どういう理由でも助けることが人の道であるということ。「窺鳥懐に入る」という形で使うことが多い言葉。

【語源・由来】
「顔氏家訓」省事より。追い詰められた鳥が人の懐に飛び込んで来るという意味から。


窮鳥入懐(きゅうちょうにゅうかい)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みの宿題が終わらないんだ。たすけてー。
ともこ
しょうがないわね。窮鳥入懐、困った人はたすけてあげるのが人情ってものよね。
健太
ありがとう。この恩は忘れないよ。
ともこ
ええ。百倍にして返してちょうだい。

窮鳥入懐(きゅうちょうにゅうかい)の例文

  1. 窮鳥入懐、ライバルとは言え、困った時は手を差し伸べることは当たり前です。
  2. 窮鳥入懐、祖父は困った人を無視できないので、どんな人でも手助けします。
  3. 窮鳥入懐という言葉のように、不法入国対策に国境に壁を作るなんて非人道的です。
  4. 彼は、かつて私を裏切ったけれども、窮鳥入懐してきたのだから拒まない。
  5. 窮鳥入懐と思って、どうか私に救いの手を差し伸べてください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事