三日坊主【みっかぼうず】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
三日坊主

【読み方】
みっかぼうず

【意味】
僧侶の修行をしても三日も続かないということから、飽きやすく長続きしないことやその人のこと。「三日」は非常に短い期間のこと。

【類義語】
・三月庭訓(さんがつていきん)
・十寒一暴(じっかんいちばく)


三日坊主(みっかぼうず)の使い方

ともこ
健太くん。空手の試合が近いから、毎朝ランニングをするんじゃなかったの?
健太
三日間は頑張ったんだよ。でも、四日目の朝、二度寝をしてしまったんだよね。
ともこ
典型的な三日坊主じゃないの。そんな意気込みじゃあ、空手の大会で優勝するなんて夢のまた夢ね。
健太
明日からまたがんばるよ。

三日坊主(みっかぼうず)の例文

  1. やらないといけないと思うと三日坊主になりがちなので、気が向いた時に日記を書くことにしています。
  2. 健太くんのお母さんは、三日坊主のダイエットを度々繰り返しています。
  3. 三日坊主になりがちな健太くんも、空手だけは毎日続いているようです。
  4. ベランダで何か育てようかと思ったけれども、世話が三日坊主になり、気が付いたら、土はからからです。
  5. 三日坊主にならず、長期間にわたる気力の持続をするには、目標が必要です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事