三日天下【みっかてんか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
三日天下

【読み方】
みっかてんか
「みっかでんか」とも読む。

日本漢字能力検定
5級

【意味】
権力を握っている期間が、きわめて短いことの形容。

【語源由来】
戦国時代、明智光秀が本能寺で織田信長を討って天下をとったが、十数日で豊臣秀吉に討たれたことから。

【類義語】
・三日大名(みっかだいみょう)


三日天下(みっかてんか)の使い方

健太
ともこちゃん。聞いて。世界記録を更新したんだよ。
ともこ
へえ。すごいわね。がんばったのね。
健太
うん。でも、三日後に違う人にまた記録更新されたんだ。
ともこ
三日天下だったのね。また抜き返せばいいじゃないの。

三日天下(みっかてんか)の例文

  1. もしも三日天下に終わったとしても、私が成し遂げたこの仕事は残っていくに違いない。
  2. 王者に返り咲くも、次の試合であっけなく王者を奪われ、三日天下でした。
  3. 三日天下かも知れないけれども、とにかく今は、私は英雄だった。
  4. 方々に手を回してようやく社長に就任したのに、かつての悪事がばらされ、三日天下に終わりました。
  5. 空手部の部長になったのに、天才空手少年の健太くんが転校してきたため、部長の座は健太くんに奪われ、三日天下に終わりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事