露往霜来【ろおうそうらい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
露往霜来

【読み方】
ろおうそうらい

「露往き霜来る」とも読む。
日本漢字能力検定
2級

【意味】
時の過ぎるのがはやいことのたとえ。

【語源・由来】
左思の「呉都賦」より。露の季節が去り霜の季節になる。秋が去りいつの間にか冬になる意。

【類義語】
・烏飛兎走(うひとそう)


露往霜来(ろおうそうらい)の使い方

ともこ
健太くん。受験生だというのに、そんなに遊んでいて大丈夫なの?
健太
だって、まだ夏だよ。受験直前になったらがんばるよー。そうじゃないと覚えたことを片っ端から忘れてしまうしね。
ともこ
もう秋が終わって冬が始まっているわよ。受験直前よ!
健太
セミが鳴いていたと思ったのに、いつの間に冬になっていたの。露往霜来だね。

露往霜来(ろおうそうらい)の例文

  1. がむしゃらに頑張っていたら、露往霜来というけれども、あっという間でした。
  2. 授業中は時間の流れがスローなのに、楽しい時間は露往霜来、光より速い。
  3. 昨日入学したばかりだと思っていたのに、もう卒業だなんて露往霜来だね。
  4. 今年ももう師走なのかと露往霜来を感じました。
  5. ふと振り返ってみたら連載開始からもう25年、露往霜来でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事