無茶苦茶【むちゃくちゃ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
無茶苦茶

【読み方】
むちゃくちゃ

日本漢字能力検定
5級

【意味】
筋道が立たないこと。また、物事のやり方が並はずれて激しいさま。さらに何がなんだかわからないさまにもいう。「無茶」だけでもこれらの意をもち、「苦茶」を添えて語意を強める。

「無茶苦茶」は「むちゃくちゃ」という言葉に同音の漢字を当てたもの。

【類義語】
・滅茶苦茶(めちゃくちゃ)


無茶苦茶(むちゃくちゃ)の使い方

ともこ
健太くん。この部屋はなんでこんなに散らかっているの?
健太
うちの子猫がいつも大人しく留守番することができずに、部屋を無茶苦茶にするんだよ。
ともこ
それでそのかわいい犯人はどこにいるの?
健太
そこのトイレットぺーパーの山の中にいるよ。

無茶苦茶(むちゃくちゃ)の例文

  1. そんな無茶苦茶な考えでは成功することはできませんよ。
  2. 君のやり方は無茶苦茶だな。
  3. その案は無茶苦茶だけれども、もしかしたら現状を突破する唯一の案かもしれないな。
  4. 音痴の健太くんが歌うと、せっかくのハーモニーが無茶苦茶になります。
  5. イライラした健太くんが、手あたり次第部屋にある物を投げて無茶苦茶にしていきました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事