南洽北暢【なんこうほくちょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
南洽北暢

【読み方】
なんこうほくちょう

【意味】
天子の威光と恩恵が四方八方に広くゆきわたること。

【語源・由来】
『漢書』「終軍伝」より。「洽」、「暢」はともに広くゆきわたること。


南洽北暢(なんこうほくちょう)の使い方

健太
徳川家康は、日本中に南洽北暢するために、外様大名と譜代大名にわけて、考えて日本中に配置したらしいよ。
ともこ
徳川家康は頭がいいわよね。おかげで260年以上も平安な江戸時代が続いたんだからすごいわ。
健太
その後、東照宮にまつられて神格化しているし、同じ人間だったとは思えないよね。
ともこ
健太くんももっと勉強をすれば、いずれ神様としてまつられることになるかもしれないわよ。

南洽北暢(なんこうほくちょう)の例文

  1. 高齢化が進む地方にも税金が配分されるように、税制改革をし、南洽北暢しました。
  2. 新しい王様になり、南洽北暢し、ようやく平和な時代が到来しました。
  3. 首相が南洽北暢するよう努力したので、争い事が少ない穏やかな国になりました。
  4. 王様は自家用ジェット機で国内を飛び回り、南洽北暢するよう計らいました。
  5. 国内の地域格差をなくし、南洽北暢し、長い平和な時代を築きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事