垂髫戴白【すいちょうたいはく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
垂髫戴白

【読み方】
すいちょうたいはく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
幼子と老人。

【語源・由来】
『十八史略』「東漢・光武帝」より。「垂髫」はおさげ髪。転じて幼児のこと。「戴白」は頭に白髪をいただくことで、老人の意。

【類義語】
・垂髪戴白(すいはつたいはく)


垂髫戴白(すいちょうたいはく)の使い方

健太
僕のクラスで、垂髫戴白にインタビューをしようってことに決まったんだよ。
ともこ
何のためにインタビューをするの?
健太
好きな食べ物調査をするんだよ。老人と幼児の世代間の好みの違いを調べるんだ。
ともこ
へえ。結果が出たらぜひ知りたいわ。

垂髫戴白(すいちょうたいはく)の例文

  1. 仲が良さそうな垂髫戴白の二人が前方から歩いてきました。
  2. 垂髫戴白がふれあい、お互いにいい刺激となるように、この保育園は老人ホームと一緒に作られています。
  3. 垂髫戴白が砂場で、大きな砂の城を作っていましたが、とても本格的なものでびっくりしました。
  4. あそこにいる垂髫戴白が私の父と息子なんです。
  5. いつもこの時間になると、手をつないだ垂髫戴白の二人連れが、おやつのコロッケを買いに来るんですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事