巫雲蜀雨【ふうんしょくう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
巫雲蜀雨

【読み方】
ふうんしょくう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
遠く離れ離れになっている夫婦がお互いを思い合っていることのたとえ。

【語源・由来】
李賀の「琴曲歌辞」より。巫山の雲と蜀の雨。


巫雲蜀雨(ふうんしょくう)の使い方

ともこ
健太くんのお父さんは単身赴任をしているのよね。お母さんはさみしがっていないの?
健太
さみしそうだけど、父さんも母さんも巫雲蜀雨で、頻繁に連絡を取り合っているから大丈夫だと思うよ。
ともこ
へえ。仲が良いのね。
健太
そうなんだよ。仲が良すぎて困ってしまうよ。

巫雲蜀雨(ふうんしょくう)の例文

  1. 今は海を隔てて離れているけれども、巫雲蜀雨というように、お互いを思う心は海をも超えます。
  2. あの夫婦はまさに巫雲蜀雨だから、しばらく離れることになっても大丈夫でしょう。
  3. 巫雲蜀雨といった夫婦だから、地震で電話が通じなくなったあの時、生きた心地がしなかっただろうな。
  4. 彼らは巫雲蜀雨、お互いを大切に思っているから、遠く離れていても裏切るようなことはないでしょう。
  5. 離れて暮らすことになったけれども、巫雲蜀雨、お互いを思う気持ちが人一倍強い夫婦だから何の心配もいらない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事