六根清浄【ろっこんしょうじょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
六根清浄

【読み方】
ろっこんしょうじょう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
欲や迷いから脱け出て、心身が清らかになること。

【語源・由来】
「六根」は迷いのもととなる目・耳・鼻・舌・身・意の六つの器官のこと。「清浄」は煩悩や私欲がなくて清らかな意。信仰的な登山のときなどに唱える言葉。

略して「六根浄」ともいう。

六根清浄(ろっこんしょうじょう)の使い方

健太
六根清浄、お山は晴天ー。
ともこ
今叫んだのは何?呪文なの?
健太
山伏が「六根清浄、お山晴天」って唱えながら登山をしていたようだよ。登山に行ってくるって言ったら、おじいちゃんが教えてくれたんだ。
ともこ
へえ。なんだか六根清浄の心境にたどり着けそうね。私も唱えてみようっと。

六根清浄(ろっこんしょうじょう)の例文

  1. 六根清浄の心境にならないと、受験戦争で勝つことはできないよ。
  2. 「どっこいしょ」は六根清浄がなまったものだって知っていた?
  3. おじいちゃんは、今死を目の前に迎えて、六根清浄の心境でお迎えを待っているようです。
  4. 六根清浄の心境になって、僕の心の邪な部分を祓い去りたいです。
  5. 六根清浄六根清浄と唱えながら、険しい山を登りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事