魯般雲梯【ろはんうんてい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
魯般雲梯

【読み方】
ろはんうんてい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
魯の名工の魯般が作った雲まで届く高いはしご。

【語源・由来】
『蒙求』「魯般雲梯」より。「魯般」は春秋時代、魯の哀公のときの名工。機械を作るのに巧みであった。「雲梯」は雲に届くほど高いはしご。敵城を攻めるのに用いた(『淮南子』「脩務訓」)。

【類義語】
・魯般之巧(ろはんのこう)


魯般雲梯(ろはんうんてい)の使い方

健太
魯般雲梯があれば、あの雲の上に行くことができるのにな。
ともこ
雲の上に行っても綿菓子じゃないんだから、乗ることはできないわよ。
健太
ということは、魯般雲梯があっても梯子を雲にひっかけることができない?つまり上ることができない?
ともこ
そういうことね。

魯般雲梯(ろはんうんてい)の例文

  1. 魯般雲梯などを作った魯般は、かんなやキリを発明した、大工の神様のような人です。
  2. レオナルドダヴィンチは発明家として有名だけれども、魯般雲梯を開発した魯般もすごい発明家です。
  3. 魯般雲梯は攻城戦で使用される器具で、日本でも使用されました。
  4. 健太くんは、魯般雲梯を発明した公輸班のように、だれかをあっと言わせるような発明王になりたいと思っています。
  5. 中国が魯般雲梯を開発したように、日本にも発明家がいたんじゃないかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事