論旨明快【ろんしめいかい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
論旨明快

【読み方】
ろんしめいかい

日本漢字能力検定
4級

【意味】
議論の趣旨・要旨が、はっきり筋道が通っていてわかりやすいこと。

【語源・由来】
「論旨」は議論(意見の内容)の要点・主旨、「明快」は筋道がはっきりしていること。

【類義語】
・論旨明解(ろんしめいかい)

【対義語】
・論旨不明(ろんしふめい)


論旨明快(ろんしめいかい)の使い方

健太
ともこちゃんのプレゼンテーションは論旨明快でわかりやすかったよ。
ともこ
私の前に話をした人がぐだぐだだったから、余計にそう思えたのかもしれないわね。
健太
ああ。彼はひどかったね。論旨不明だったよ。
ともこ
彼はほかの生徒から「イミフ、イミフ」って囁かれてかわいそうだったわよね。

論旨明快(ろんしめいかい)の例文

  1. 先生のアドバイスは論旨明快で、理解力のない僕にもわかりやすかったです。
  2. ともこちゃんの意見は論旨明快で、すとんと腑に落ちました。
  3. ともこちゃんのブラックホールに関する説明は論旨明快で、疑問点がすっきりしました。
  4. 健太くんがまとめた文化祭の資料は、論旨明快な資料だったので、一目で取り組むべき課題がわかりました。
  5. ぼやかしたり曖昧な言い方をせずに、論旨明快な話し方をしてほしい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事