問答無用【もんどうむよう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
問答無用

【読み方】
もんどうむよう

日本漢字能力検定
5級

【意味】
話し合うことに意味が無いこと。「問答」は話し合うこと、「無用」は必要ないことで、主にこれ以上話し合っても無駄なため、一方的に話し合いを終わらせるときに使う言葉。

【類義語】
・問答無益(もんどうむえき)


問答無用(もんどうむよう)の使い方

ともこ
健太くん。文化祭用のドーナッツを試作してみたの。これを食べてみてよ。
健太
今はお腹がいっぱいだから食べられないよ。
ともこ
問答無用!今すぐ食べて感想をきかせてちょうだい。
健太
こわいよー。苦しいけど食べるよー。

問答無用(もんどうむよう)の例文

  1. 健太くんに店番をさせるとつまみ食いをするから、問答無用に駄目なんです。
  2. 問答無用で襲い掛かってきたやつらを健太くんはこてんぱに返り討ちにしてやりました。
  3. 交渉は決裂状態となり、校長先生は、問答無用で一歩もゆずろうとしませんでした。
  4. 問答無用でミサイルを発射してくるなんて、はた迷惑な話ですよね。
  5. テストで0点をとった健太くんは、問答無用でお小遣いを0円にされてしまった上に、ゲーム機を取り上げられてしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事