天香国色【てんこうこくしょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
天香国色

【読み方】
てんこうこくしょく

日本漢字能力検定
4級

【意味】
すばらしい香りと国一番の美しさ。牡丹の別名。のちに美人の形容。

【語源・由来】
『松窓雑録』の「国色朝(あした)に酒を酣(たのし)み、天香夜に衣を染む」より。

【類義語】
・魏紫姚黄(ぎしようこう)
・国色天香(こくしょくてんこう)


天香国色(てんこうこくしょく)の使い方

健太
ともこちゃんは天香国色、とってもきれいだから学校のミスコンテストに出ればいいと思うよ。
ともこ
そんなあ。私なんて絶対に優勝することは無理よ。
健太
すごい自信だよね。優勝できるとは言っていないよ・・・。
ともこ
出場するってことは優勝するってことでしょう。

天香国色(てんこうこくしょく)の例文

  1. 健太くんの顔は凡庸だけれども、お姉さんは天香国色なんですよ。
  2. ともこちゃんの家の庭の牡丹の花はみごとなもので、まさに天香国色、日本で一番きれいなんじゃないかな。
  3. 今すれ違った人は天香国色、今まで見たこともないようなとてもきれいな人でした。
  4. 健太くんの彼女は天香国色といったきれいな人だったので、彼はいつほかの人に奪われるか心配だったようです。
  5. 僕のピアノの先生は、天香国色といわんばかりの美しい人でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事