桑弧蓬矢【そうこほうし】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
桑弧蓬矢

【読み方】
そうこほうし

【意味】
男子が志を立てること。

【語源・由来】
「桑弧」は桑の木の弓。「蓬矢」はよもぎの矢。
昔、男児が生まれると桑の木で作った弓で、よもぎの矢を射て、将来四方に雄飛せんことを祝ったことから。

【典拠・出典】
礼記』「射義」

【類義語】
桑蓬之志(そうほうのこころざし)


桑弧蓬矢(そうこほうし)の使い方

ともこ
健太くん。毎日ぼんやり生きているだけじゃなくて、桑弧蓬矢を胸に努力をしてみたらどうかしら?
健太
うーん。まだ若いから、そういうのはいいんじゃないかなあ。
ともこ
そんなことを言っていると、あっという間に歳を取ってしまうわよ。
健太
それは嫌だね。桑弧蓬矢を胸にがんばってみるよ。

桑弧蓬矢(そうこほうし)の例文

  1. 健太くんは、桑弧蓬矢を抱いて世界に羽ばたきました。
  2. 桑弧蓬矢を胸に健太くんは努力を重ねています。
  3. 立身出世を願った健太くんは、桑弧蓬矢を胸に抱いて新社会人としての一歩を踏み出しました。
  4. 桑弧蓬矢の精神を持ち続けてたゆまぬ努力をしましょう。
  5. 少年よ、桑弧蓬矢を胸に抱いて、世界に羽ばたく大人になれ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索