巫山雲雨【ふざんうんう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
巫山雲雨

【読み方】
ふざんうんう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
男女の情交をいう。

【語源・由来】
宋玉の「高唐腑」より。「巫山」は一説に中国、湖北省の山の名。ここに神女が住んでいたとされる。
戦国時代、楚の壊王が高唐に遊び昼寝をしていたとき、その夢の中で巫山の神女と情を交わし、別れるとき神女が「朝には雲となり夕には雨となってここに参りましょう」といった故事から。

【類義語】
・巫山之夢(ふざんのゆめ)
・巫山之雨(ふざんのあめ)
・雲雨巫山(うんうふざん)
・雲雨之夢(うんうのゆめ)
・朝雲暮雨(ちょううんぼう)
・尤雲殢雨(ゆううんていう)


巫山雲雨(ふざんうんう)の使い方

ともこ
夫婦で別々の部屋に寝ている人が増えているんですって。健太くんのご両親もそうなの?
健太
違うよ。僕の両親は同じベッドで寝ているよ。
ともこ
へえ。巫山雲雨の仲なのね。すごいわね。
健太
夏でもべたべたして暑苦しい夫婦だよ。

巫山雲雨(ふざんうんう)の例文

  1. 結婚しているのに、ほかの女性と巫山雲雨の仲になりました。
  2. あの二人の距離感が近すぎるから、きっと巫山雲雨の仲なのよ。
  3. ともこちゃんと健太くんが、巫山雲雨の関係にあるのか調べてみようと思います。
  4. ともこちゃんみたいなかわいい子と巫山雲雨の仲になりたい。
  5. 巫山雲雨の仲なので、離婚するなんてありえません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事