竜舟鳳艒 【りょうしゅうほうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竜舟鳳艒

【読み方】
りょうしゅうほうぼう

「りゅうしゅうほうぼう」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
天子の乗る舟。また美しい船。

【語源・由来】
『随書』「煬帝紀」より。「竜舟」「鳳艒」はともに天子の乗る舟。「竜」「鳳」は天子を象徴する。「舟」は大船。「艒」は小舟。

【類義語】
・竜舟鷁首(りょうしゅうげきしゅ)


竜舟鳳艒 (りょうしゅうほうぼう)の使い方

健太
竜舟鳳艒から雅楽の音が聞こえてくるよ。
ともこ
本当ね。とても美しいわね。
健太
あの船に乗ることはできないけれども、この音楽を聴きながら、あの船を眺めるのも悪くないね。
ともこ
十分満足よ。

竜舟鳳艒 (りょうしゅうほうぼう)の例文

  1. 湖に浮かんでいる竜舟鳳艒、あんなきれいな船に一生に一度は乗ってみたいな。
  2. 竜舟鳳艒のような船で今日はクルーズできるなんて、夢のようです。
  3. 竜舟鳳艒にのって、貴族の方たちが「おほほ」、「うふふ」と楽し気に花見を楽しんでいました。
  4. 天子が竜舟鳳艒に乗船して、どこかに出かけるところに遭遇しましが、ものすごく厳重な警備でした。
  5. 竜舟鳳艒に乗れば、水難事故に遭わないといわれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事