塞翁之馬【さいおうのうま】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
塞翁之馬

【読み方】
さいおうのうま

【意味】
人の幸と不幸はその時々で変わるので幸不幸は予測できないということ。

【語源・由来】
「淮南子」人間訓より。「塞翁」は砦の老人という意味。

【類義語】
・禍福倚伏(かふくいふく)
・塞翁失馬(さいおうしつば)

【スポンサーリンク】

塞翁之馬(さいおうのうま)の使い方

健太
自転車でサイクリングしていたら崖に落ちたんだ。
ともこ
それは不幸な出来事だったわね。
健太
でも、落ちたところに宝箱が落ちていて、なんと金銀財宝を手に入れたんだ。
ともこ
それは塞翁之馬だったわね。

塞翁之馬(さいおうのうま)の例文

  1. 人生は塞翁之馬と言うけれど、乗り遅れた飛行機が落ちました。
  2. ハイキングの途中で蜂に刺されて下山することになったけれども、塞翁之馬、おかげでその後の落石に巻き込まれずに済みました。
  3. 塞翁之馬、あなたもいつか成功するかもしれません。
  4. 火事で家を失った僕に、塞翁之馬、きっと幸せがくるよと慰めの言葉をかけてくれました。
  5. 受験に失敗して、不本意ながら二流の大学に入学したけれども、塞翁之馬、大学でいい先生に巡り合うことが出来、良い会社に就職することが出来ました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事