恐悦至極【きょうえつしごく】の意味と使い方の例文(類義語・英語訳)

【四字熟語】
恐悦至極

「恐悦」は「恭悦」とも書く。

【読み方】
きょうえつしごく

【意味】
恐悦至極とは、かしこまって喜ぶこと。目上の人に述べる喜びのことば。
「恐悦」とは、つつしんで喜ぶ意。「至極」とは、この上ないこと。

【類義語】
・恐恐謹言(きょうきょうきんげん)
・恐惶謹言(きょうこうきんげん)
・恐惶嘆願(きょうこうたんがん)
・惶恐再拝(きょうこうさいはい)
・再拝稽首(さいはいけいしゅ)
・誠惶誠恐(せいきょうせいこう)
・頓首再拝(とんしゅさいはい)
・妄言多謝(もうげんたしゃ)

【英語訳】
extremely delighted


恐悦至極(きょうえつしごく)の使い方

ともこ
健太くん。さっきは空手の先生と何をお話していたの?
健太
ああ、先生が、僕の試合を見ていてくれたんだ。それで、とても良かったと褒めてくださったから、僕は「お褒めいただいて恐悦至極です。」って言ったんだ。
ともこ
健太くんが、あの健太くんが、きちんと目上の人に挨拶できるなんてびっくり仰天だわ。
健太
・・・そんなにびっくりしなくてもいいじゃないか。空手では、行儀作法も厳しく教えられているし、先生のことをとても尊敬しているからね。

恐悦至極(きょうえつしごく)の例文

  1. このたびは、私の当選祝いに会長自らご光臨賜りまして、恐悦至極でございます。
  2. 当家の養子縁組につきましては多大なご配慮をいただき、恐悦至極に存じます。
  3. 持ってまいりますのがビールで、見事な銅のカップ、縁に泡が立っております。 恐悦至極でございましょう。
  4. あなた様にご高覧頂けまして、恐悦至極に存じまする。
  5. 彼とは同じ屋根の下に寝起きしているけれども、たとえ顔が合ってもむこうはいつもせわしそうで、庭や廊下ですれ違いながら「あいかわらずお世話になっておりまして、まことに恐悦至極であります」と頭を下げるのみだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事