三平二満【さんぺいじまん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
三平二満

【読み方】
さんぺいじまん

「さんぺいにまん」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
じゅうぶんとはいえないが、心がやすらかで満足していること。

【語源・由来】
黄庭堅「四休居子詩」〈序〉より。「三」と「二」はともに数が少ないことを示し、少しのものでも心が穏やかで満足しているさまをいう。また、顔・鼻・下顎の三つが平らで、両方の頬がふくらんでいる顔の意味で、おかめ・おたふくことをいう。


三平二満(さんぺいじまん)の使い方

ともこ
健太くん。新しいクラスはどう?楽しい?
健太
三平二満だね。とっても楽しいってわけではないけれども、問題児がいるわけではないし、穏やかな毎日に満足しているよ。
ともこ
去年のクラスは学級崩壊していたからね。
健太
去年は、今思い出してもつらかった。

三平二満(さんぺいじまん)の例文

  1. 少額の年金生活だけど、幸運なことに丈夫で健康な体をしてるから三平二満の生活だよ。
  2. 新婚生活は三平二満、正直なところ夫に不満はたくさんあるけれども、まあ幸せよ。
  3. 三平二満の生活を心がけるために、服は十着しかもっていません。
  4. 都会のようにお店がたくさんあるわけではないけれども、田舎で三平二満の生活を送っています。
  5. ともこちゃんのお姉ちゃんは、下膨れでその顔は三平二満のようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事