断章取義【だんしょうしゅぎ】の意味と使い方の例文(類義語・語源・英語訳)

【四字熟語】
断章取義

【読み方】
だんしょうしゅぎ

【意味】
詩文の一節を取出し、全体の本意と関係なく、その一節の意味だけで用いること。また、自分の都合のよい引用をすること。

【語源・由来】
「章」は文章。また、詩文の一編。「断章」は文章の一部を取り出すこと。
「取義」はその意味をとること。
「章を断じ義を取る」と読む。

単に「断章」とも言い、『春秋左氏伝』襄公二十八年には「詩を賦するに章を断ず(一部分を取出してうたう)」とある。
『詩経』は比喩を用いた詩が多いので、春秋時代から、全体の詩意とは関係なく一部分を取出して引用する「断章取義」が多かった。

【類義語】
断章截句(だんしょうせっく)
断章取意(だんしょうしゅい)

【英語訳】
interpreting(and using)a passage without regard to its context

【スポンサーリンク】

断章取義(だんしょうしゅぎ)の使い方

ともこ
ん?健太くん、どうしたの?
健太
どうしたのって、それ・・・。
僕のデザートのプリン!!なんで勝手に食べてるの!!
もう!! あきこちゃんは食べることしか能がないんだから~~~!!
ともこ
まあまあ。「みんなちがって、みんないい」って言うじゃない。ほら、金子みすゞの。
私の個性も大事にしてよね~。うふふ。
健太
(金子みすゞの作品を・・・。断章取義だ・・・。)

断章取義(だんしょうしゅぎ)の例文

  1. 彼は酔っ払ってくると、いつも好きな詩人を挙げ、断章取義に話をする。
  2. 妹は、自分の都合の悪い状況に追い込まれると、いつも断章取義で、自分の意見を正当化しようとする。
  3. 彼女は有名な作家であるが、メディアに断章取義に取り上げられ、彼女の本意が視聴者に伝わっていないような印象を受ける。
  4. タレントである彼は、自分を良く見せたいのか、哲学書を読んで、断章取義に自分の成功談に取り入れている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事