十万億土【じゅうまんおくど】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
十万億土

【読み方】
じゅうまんおくど

日本漢字能力検定
5級

【意味】
極楽浄土のこと。

【語源・由来】
仏教語で、この世から西方の阿弥陀仏がいる極楽浄土に至るまでの非常に遠い道のりのこと。

【類義語】
・極楽浄土(ごくらくじょうど)
・寂光浄土(じゃっこうじょうど)


十万億土(じゅうまんおくど)の使い方

健太
おじいちゃんが、おばあちゃんを亡くしてから、弱気になってしまって困っているんだ。
ともこ
さみしいのかしら。
健太
そうかもしれない。ばあさんがいる十万億土に行って、一緒に仏様にお仕えしたいって毎日つぶやいているんだ。
ともこ
十万億土に行ってしまったら、かわいい孫の健太くんに会えなくなるって教えてあげないと!

十万億土(じゅうまんおくど)の例文

  1. 念仏を唱えれば十万億土に行くことができるとおばあちゃんに教えられてきました。
  2. 十万億土は遠くにあるようで、実はそばにあるんだ。
  3. 死んだら十万億土に行きたいので、せっせと善行を積んでいます。
  4. 生きている今が大変でも、死後の世界の十万億土で仏様の側にいることができるのならば、それで幸せです。
  5. この村はとても素敵で、十万億土とはきっとこんな世界なんじゃないかなと思う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事