清光素色【せいこうそしょく】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】
清光素色

【読み方】
せいこうそしょく

【意味】
清らかな月の白い光。

【語源・由来】
「清光」は、非常に清らかな光。「素色」は、白色。「素」は、白。

【典拠・出典】


清光素色(せいこうそしょく)の使い方

ともこ
健太くん空を見てよ。
健太
清光素色に心洗われるね。
ともこ
とてもきれいね。
健太
心が洗われたところで月見団子が食べたくなってきたよ。

清光素色(せいこうそしょく)の例文

  1. ともこちゃんは、清光素色のような清らかな女性だ。
  2. 今夜の月は特に清光素色で、いつまでも眺めていたい。
  3. 清光素色が降り注ぐ夜は散歩に行きたくなる。
  4. その日は、清光素色で静かな夜でした。
  5. 天気は晴れ、月は清光素色、絶好の月見日和だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索