柳巷花街【りゅうこうかがい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
柳巷花街

【読み方】
りゅうこうかがい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
遊里・色町のこと。

【語源・由来】
「柳巷」は柳の木が植えてある巷、「花街」は花の咲いている街の意。昔、色町には多くの柳が植えられていたことからいう。

【類義語】
・柳陌花街(りゅうはくかがい)
・花柳狭斜(かりゅうきょうしゃ)
・路花墻柳(ろかしょうりゅう)
・路柳墻花(ろりゅうしょうか)


柳巷花街(りゅうこうかがい)の使い方

ともこ
この辺りは、昔は柳巷花街だったのよね。
健太
そうだったらしいよね。今も趣があるもんね。
ともこ
そこの細い道から、今にも舞妓さんが出てきそうね。
健太
風流だよね。

柳巷花街(りゅうこうかがい)の例文

  1. 柳巷花街で遊ぶには、いろいろな作法を知っておかなければなりません。
  2. 今は静かな情緒ある街ですが、かつては賑やかな柳巷花街だったんですよ。
  3. 京都の柳巷花街は外国人観光客に人気で、そのマナーが問題になっています。
  4. 柳巷花街で生まれ育ったともこちゃんは、礼儀作法はもちろんのこと、茶道、華道も師範代の腕前です。
  5. 柳巷花街で修行をしようと思う気概のある若者が減りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事