焚琴煮鶴【ふんきんしゃかく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
焚琴煮鶴

【読み方】
ふんきんしゃかく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
風流を理解する心を持っていないこと。または、趣のないも飾り気もない単調な景色のこと。殺風景。「琴を焚き鶴を煮る」とも読む。

【語源・由来】
「山雑纂」李商隠「殺風景」より。琴に火をつけて燃やして、鶴を捕らえて煮るという意味から。

【類義語】
・清泉濯足(せいせんたくそく)
・背山起楼(はいざんきろう)


焚琴煮鶴(ふんきんしゃかく)の使い方

健太
ともこちゃんの部屋を初めて見たよ。意外と焚琴煮鶴なんだね。
ともこ
そうかしら?
健太
うん。女の子の部屋って、もっとぬいぐるみがたくさんあったり、ひらひらきらきらしているものだと思っていたよ。
ともこ
私はそういうものに興味が無いから、机と本棚しかない焚琴煮鶴な部屋なのよ。

焚琴煮鶴(ふんきんしゃかく)の例文

  1. 焚琴煮鶴、無味乾燥な空間が、ともこちゃんの手にかかると素晴らしい空間へと変貌しました。
  2. ともこちゃんが部屋にいると、焚琴煮鶴な部屋も華やかに明るくなります。
  3. おじいちゃんが丹精込めて育てていた松の木を切ってしまうと、庭は急に焚琴煮鶴になりました。
  4. この町は、どこを向いてもコンクリートのビルばかりで焚琴煮鶴です。
  5. 焚琴煮鶴である私には、ともこちゃんが書いた「書」の良さが理解できませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事