千金一擲【せんきんいってき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
千金一擲

【読み方】
せんきんいってき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
豪快な振る舞い、思い切りのよいことのたとえ。惜しげもなくひとときに大金を使うという意味。

【語源・由来】
呉象之の「少年行」より。「擲」は投げる。投げ出すという意味。

【類義語】
・一擲千金(いってきせんきん)
・一擲百万(いってきひゃくまん)


千金一擲(せんきんいってき)の使い方

健太
ある企業の社長が、100人に100万円をプレゼントするっていう企画をやっていたよね。
ともこ
とても話題になっていたから知っているわ。千金一擲よね。
健太
僕も一億円をばらまいてみたいよ。
ともこ
やってみたいわよね。

千金一擲(せんきんいってき)の例文

  1. 私も自腹で宇宙旅行に行くという千金一擲の豪遊をしてみたいものです。
  2. 健太くんは普段はけちだけど、いざお金を使うとなると千金一擲、思いっきりが良いんですよね。
  3. 高いと有名なこのお店を貸し切ってパーティーをするなんて、千金一擲な健太くんのしそうなことだよね。
  4. 健太くんは躊躇することなく千金一擲、大胆に行動に移します。
  5. ともこちゃんは、千金一擲の大勝負に出ることにしたようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事