千金一刻【せんきんいっこく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
千金一刻

【読み方】
せんきんいっこく

日本漢字能力検定
5級

【意味】
時間の貴重なことのたとえ。わずかな時間が千金にも値するという意味。大切な時間や楽しい時間が過ぎやすいのを惜しんでいう。またそれを無駄に過ごすのを戒める語。

【語源・由来】
蘇軾の「春夜-詩」より。

【類義語】
一刻千金(いっこくせんきん)


千金一刻(せんきんいっこく)の使い方

ともこ
健太くん。いつまでごろごろ寝ているつもりなの。もうお昼ご飯の時間よ。
健太
今日は学校が休みの日なんだからいいじゃないか。
ともこ
千金一刻っていうじゃないの。ごろごろしていたら、あっという間に歳を取ってしまうわよ。
健太
それは嫌だな。

千金一刻(せんきんいっこく)の例文

  1. 千金一刻、ぼんやりしている暇はないんだよ。
  2. 今まで千金一刻の思いでがんばってきました。
  3. 僕の青春時代は千金一刻、思い出すときらきらしていて、今でも色あせることなくまぶしい思い出です。
  4. 人間の一生は短くはかないのだから、毎日が千金一刻だと思って生きていかなくてはいけません。
  5. 健太くんと過ごしたあの数年間は、私にとっては千金一刻、人生の宝物のようなものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事