宣戦布告【せんせんふこく】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
宣戦布告

【読み方】
せんせんふこく

【意味】
相手国に対して、戦争の開始を宣言すること。
他人と敵対関係に入ることを明らかにする場合にも使われる。

【語源・由来】
「宣戦(せんせん)」とは、戦争開始の意思を明らかにすること。
「布告(ふこく)」とは、国家の意思を国の内外に公式に示すこと。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】

【スポンサーリンク】

宣戦布告(せんせんふこく)の使い方

健太
いくら話し合っても、隣のクラスとは分かり合えないと思うんだ。
ともこ
そんなことを言わないで、体育館を使う順番を決めればいいじゃない。
健太
どちらが先に使うかが決まらないのだから、仕方ないじゃないか。さっき、宣戦布告をしてきたよ。
ともこ
それで、なんだかみんな怖い顔をしていたのね。仲良く使えばいいじゃない。

宣戦布告(せんせんふこく)の例文

  1. あのことが、宣戦布告のきっかけになるなんて、思ってもいなかった。しかし、彼はそうなることを望んでいたようにも思えた。
  2. それはもう、宣戦布告だと受け取られても仕方のない行動だと思うよ。もし争う気がないのなら、誤解を解いてみてはどうだろう。
  3. あの戦いは、宣戦布告がないまま始まってしまった。どちらの国民もただ困惑するばかりだったようだ。
  4. 宣戦布告があったあとには、報道の内容が一変して、人々の暮らしもどんどん変わってしまった。
  5. 祖父が8歳の頃、あの戦いの宣戦布告があったらしい。子供ながらに、これからどうなるのかと不安を覚えたと話してくれた。

まとめ

宣戦布告というように、戦争の開始を宣言したり、相手と敵対関係に入ることを明らかにするということは、恐ろしいことではないでしょうか。
争いとは、悲しみや苦しみばかり生んでしまうものではないでしょうか。
人々が幸せになれるように、穏やかな方法を使うことで、平和な解決を目指したいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事