鷸蚌之争【いつぼうのあらそい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
鷸蚌之争

【読み方】
いつぼうのあらそい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
両者が争っている間に、全く関係のないものが苦労せずに利益を奪っていくこと。「鷸」は水鳥のしぎ。「蚌」は貝のどぶ貝。しぎとどぶ貝が争っている間に、漁師が両方とも捕まえるという説話から。

【語源・由来】
「戦国策」燕策より。

【類義語】
・漁夫之利(ぎょふのり)

【スポンサーリンク】

鷸蚌之争(いつぼうのあらそい)の使い方

ともこ
健太くん。何を泣きそうな顔をしているのよ?給食が足りなかったの?
健太
昼休みに野球をしようと思って、場所取りに行ったら、サッカーをしようとしている子たちと喧嘩になったんだ。しかももめている間に、女子が場所を占領してソフトボールを始めてしまったんだよ。
ともこ
鷸蚌之争ね。
健太
まさにそうだよ。くやしーい。

鷸蚌之争(いつぼうのあらそい)の例文

  1. 鷸蚌之争、彼と社長の座を争っている内に、第三者にその座をとられました。
  2. 鷸蚌之争、残ったデザートを誰が食べるかじゃんけんで決めているときに、健太くんが食べてしまいました。
  3. 鷸蚌之争、隣の店と客を奪い合って競争しているところに、大手スーパーが参入してきて両社とも吸収されました。
  4. 鷸蚌之争にされないように、喧嘩はやめて、手を組みましょう。
  5. 鷸蚌之争、二か国間でもめて弱っているところに、強大な国が口を出してきて、二か国とも属国にされてしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事