戦戦恐恐【せんせんきょうきょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
戦戦恐恐

【読み方】
せんせんきょうきょう

【意味】
恐れてびくびくしている様子のこと。
また、なにかに恐れ慎む様子のこと。

【語源・由来】
「戦戦」とは、震えて恐れること。
「恐恐」とは、緊張して恐れる様子のこと。恐れて戒めを慎むこと。もとは、慎重に行動するという意味。

「詩経(しきょう)」小雅(しょうが)・小旻より出典。
「戦戦恐恐として深淵(しんえん)に臨むが如(ごと)く、薄氷を履(ふ)むが如し」

【類義語】
・戦戦慄慄(せんせんりつりつ)

【対義語】
・鷹揚自若(おうようじじゃく)
・従容自若(しょうようしじじゃく)

【英語訳】
in great fear/trembling with fear.


戦戦恐恐(せんせんきょうきょう)の使い方

ともこ
健太くん、こんなところでなにをしているの?
健太
うわあ!ともこちゃん。驚かせないでくれないか。見つかったかと思ったじゃないか。
ともこ
健太くんのお母さんが、健太くんのことを探していたわ。まさか、なにか悪さをしたから、そんなに戦戦恐恐としているんじゃないの?
健太
そうなんだ。お母さんの大切にしていた花瓶を割ってしまったんだ。

戦戦恐恐(せんせんきょうきょう)の例文

  1. 君はどうしてそんなに戦戦恐恐としているんだい?
  2. 兄は勝手に学校を休んだことが、父にばれないかと戦戦恐恐としている。
  3. 不安そうな表情で辺りを見渡してから、人混みにまぎれるように移動している彼は、いつも戦戦恐恐という状態だ。どうしてそんなに怯えているのだろう。
  4. 弟は遊んでいる時に、祖父の大切な盆栽を落としてしまった。元に戻しておいたようだけど、祖父にばれてしまわないか戦戦恐恐としている。早く謝ってしまえばいいと、私は思う。

まとめ

戦戦恐恐というように、なにかに恐れてびくびくすることは、あまりしたくないですね。
恐れて緊張するようなことがないように、過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事