阿修羅道【あしゅらどう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
阿修羅道

【読み方】
あしゅらどう

【意味】
六道の一。阿修羅が住み、常に争いの絶えない世界。

【由来】
地獄、餓鬼、畜生、人間、天上と並んで六道のひとつとされる修羅道の世界から。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】
scene of carnage

sceneは「場所」という意味の名詞。carnageは「大虐殺」という意味の名詞。
英文例
戦場はまさに阿修羅道だ。The battle field is just scene of carnage.

阿修羅道(あしゅらどう)の使い方

ともこ
動物園見学、楽しかったわね
健太
うん、サルのエサの奪い合いがすごかったね
ともこ
あれは阿修羅道ね、迫力あったわ
健太
勉強になるなぁ

阿修羅道(あしゅらどう)の例文

  1. テロリズムが横行する世界情勢は、阿修羅道だ。
  2. アフリカの一部の地域は、今でも阿修羅道の状態が続いている。
  3. 日本はもっと世界平和に貢献して、この阿修羅道の世界を変えていくべきだ。
  4. 阿修羅道を望む人は、誰もいない。
  5. 中東紛争の阿修羅道に巻き込まれた子供たちが悲惨だ。

まとめ

阿修羅道(あしゅらどう)は、地獄、餓鬼、畜生、人間、天上と並んで六道のひとつとされる修羅道の世界が由来の言葉で、争いが耐えない世界を表しています。昨今の世界情勢はテロのニュースが多く、阿修羅道という言葉を実感してしまいます。幸い、今のところ日本は巻き込まれていないですが、2020年のオリンピック開催に向けて、ヨーロッパで続くテロが飛び火してこないことを祈るばかりです。阿修羅道(あしゅらどう)を望む人はいないと思うのですが、依然世界情勢は不安定なままです。テロ以外にも、北朝鮮の核開発・ミサイル開発問題といった、日本に身近なところでも火種はあります。今後、少しでも阿修羅道(あしゅらどう)と呼ばなくて済む世界になるよう、私達は微力ながら努力していかなければなりません。阿修羅道(あしゅらどう)ほど重たい意味では無いですが、似たような意味で修羅場(しゅらば)という言葉があります。こちらの方は、比較的日常で使うことがありますね。いずれにせよ、平和な暮らしを続けていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事