悉皆成仏【しっかいじょうぶつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
悉皆成仏

【読み方】
しっかいじょうぶつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
生きとし生ける一切の有情のものが、すべて成仏すること。

【語源・由来】
仏教の語。「悉皆」はすべて、ことごとくの意味。


悉皆成仏(しっかいじょうぶつ)の使い方

健太
神様仏様、どうか僕が死んだあと、ちゃんと成仏できますように。
ともこ
悉皆成仏というように、みんな成仏できるわよ。ただ、素行が悪いと次に生まれ変わる時、何に生まれ変わるか分からないわよ。
健太
もしかしてそこに生えている草に生まれ変わるかもしれない?
ともこ
そう。そうして私に踏みつぶされる運命かもしれない。

悉皆成仏(しっかいじょうぶつ)の例文

  1. 悉皆成仏という思想は本場のインドにはないんですって、びっくりするわよね。
  2. 物言わぬ草花も悉皆成仏というように仏性があり、人間が成仏する時、一緒に成仏します。
  3. 草や木も悉皆成仏、いずれ人とともに成仏する尊いものなのだから、むやみに切ってはいけません。
  4. 念仏を唱えれば、悉皆成仏というように、一切衆生がみんな仏陀になることができます。
  5. 悉皆成仏、野菜も命ある有情のもの、無駄にせずありがたくいただきましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事