無限泡影【むげんほうよう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
無限泡影

【読み方】
むげんほうよう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
人生がはかないことのたとえ。

【語源・由来】
『金剛経』より。夢と幻と泡と陰で、いずれもはかないもののたとえ。

【類義語】
・泡沫夢幻(ほうまつむげん)


無限泡影(むげんほうよう)の使い方

ともこ
健太くん。いつまで寝ているつもりなの?もう夕方よ。
健太
せっかく試験期間が終わったんだから、だらだらのんびりしてもいいじゃないか。
ともこ
人生は無限泡影、はかなくいつ終わるとも知れないものなのよ。もう次の試験の勝負は始まっているんだから、早く起きて勉強をしなさいよ。
健太
はーい。

無限泡影(むげんほうよう)の例文

  1. 人間の命ははかなく無限泡影なので、一瞬一瞬を大事にしたいものです。
  2. 無限泡影の人生なんだから、悔いの無いように毎日楽しく生きていきたいです。
  3. 寿命が延びたとはいえ、地球の歴史と比べれば無限泡影な人生です。
  4. 無限泡影な人間の一生のことを思うと、もっと時間があればいいと願ってしまいます。
  5. 限られた無限泡影の人生の中で、歴史に名を残すような偉業をなしとげることができたら最高だと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事