至孝貞淑【しこうていしゅく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
至孝貞淑

【読み方】
しこうていしゅく

【意味】
女性が家庭を守り、この上なく親孝行で、しとやかなこと。

「至孝」は、この上なく親孝行なこと。「貞淑」は、女性が正しく節操を守り、しとやかなこと。

【類義語】
・温良貞淑(おんりょうていしゅく)


至孝貞淑(しこうていしゅく)の使い方

ともこ
健太くんは、どんな女性と結婚するのかしらね。
健太
至孝貞淑な女性がいいなあ。
ともこ
家庭を守ってくれる女性がいいのね。
健太
そうなんだ。ともこちゃんみたいな気の強いキャリアウーマンじゃない方がいいな。

至孝貞淑(しこうていしゅく)の例文

  1. ともこちゃんのお母さんは、至孝貞淑鑑なので、ともこちゃんの理想であり目標でした。
  2. 健太くんの奥様は、至孝貞淑であると有名です。
  3. マンション付きの至孝貞淑な女性と結婚したいと健太くんは考えている。
  4. ともこちゃんは、至孝貞淑で、古き良き時代の女性という感じです。
  5. 女性の社会進出が進んだ現代では、至孝貞淑な女性は絶滅危惧種ですよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事