祖先崇拝【そせんすうはい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
祖先崇拝

【読み方】
そせんすうはい

【意味】
先祖を崇め祭り、加護を祈ること。


祖先崇拝(そせんすうはい)の使い方

健太
朝から犬に追いかけられるし、水たまりにはまるし、僕は何でこんなに運が悪いんだろう。
ともこ
祖先崇拝しないからよ。今日はお墓参りに行って、祖先の皆さんに謝ってきたほうが良いわ。
健太
そういえばお墓参りにここ何年も行っていないよ。
ともこ
祖先が脈々と命をつないでくれたおかげで健太くんがこの世にいるのよ。もっと感謝しないとだめよ。

祖先崇拝(そせんすうはい)の例文

  1. 祖先崇拝するために、先祖代々の墓を立派なものに作り替えることにしました。
  2. 毎朝仏壇の前で手を合わせ、祖先崇拝の心を新たにしています。
  3. 祖先崇拝の精神を大事にしているので、代々受け継がれてきたこの土地は、簡単には売ることはできません。
  4. きっと先祖の皆さんが、子孫の僕をいつもあたたかく見守ってくれていると信じているので、祖先崇拝の心を常に忘れません。
  5. 祖先崇拝というように、祖先がいたから僕がいるということを忘れずに、感謝の気持ちを胸に抱いて毎日生きていたいと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事