惻隠之心【そくいんのこころ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
惻隠之心

【読み方】
そくいんのこころ

【意味】
他人に対するあわれみと同情心。かわいそうに思うこと。思いやりの心のこと。

【語源・由来】
『孟子』「公孫丑・上」より。「惻隠」は、人をいたわったり思いやるということ。孟子の性善説の四端説の一つで、「惻隠の心は仁の端なり」を略した言葉。

【類義語】
・惻隠之情(そくいんのじょう)


惻隠之心(そくいんのこころ)の使い方

健太
ともこちゃん。明日は始業式だというのに、夏休みの宿題が終わっていないんだ。去年のように助けてー。
ともこ
去年は惻隠之心で助けたけれども、今年は助けないわ。だって健太くんの将来のためにならないんですもの。
健太
そんなことないよ。今年助けてくれたら改心して来年から頑張るよ。
ともこ
きっと来年も同じことを言いそうだから手伝ってあげなーい。

惻隠之心(そくいんのこころ)の例文

  1. 健太くんの境遇を憐れんで、惻隠之心で彼を採用しました。
  2. 惻隠之心をもって接すれば、世界から争い事はなくなるでしょう。
  3. ともこちゃんは、だれにでも惻隠之心で接する心優しい女の子です。
  4. 忙しいときでも心の余裕を失わず、惻隠之心を忘れてはいけません。
  5. 子供たちの惻隠之心を育てて、いじめを撲滅していきたいです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事