尊尚親愛【そんしょうしんあい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
尊尚親愛

【読み方】
そんしょうしんあい

【意味】
尊敬して親しみ愛すること。

【語源・由来】
「尊尚」は尊ぶこと。「親愛」は親しみいつくしむこと。


尊尚親愛(そんしょうしんあい)の使い方

健太
いやあ。本当にともこちゃんは優秀な生徒だよね。僕と同じ学年だとは信じられないよ。
ともこ
そんなことないわよ。
健太
いやいや、実は前々から、僕はともこちゃんのことを尊尚親愛しているんだよね。ともこちゃんみたいな幼なじみがいて、本当に僕は幸せだよ。
ともこ
そんな大げさな。

尊尚親愛(そんしょうしんあい)の例文

  1. 人生の早い段階で、尊尚親愛できる友人に出会えたことはラッキーだったと思います。
  2. 強いて希望を言うとすれば、尊尚親愛できる人と結婚したいと思っています。
  3. 編集者である僕が担当している作家先生は、とても立派な人格の持ち主で尊尚親愛しているので、先生の原稿を取りに伺う日が楽しみなんです。
  4. 尊尚親愛できる人が、人生の中で一人いるだけでも幸せなのに、僕には五人も尊尚親愛できる人がいます。
  5. 空手の先生は、僕が一番尊尚親愛している、まさに人生の師とも呼べる存在なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事