箪食壺漿【たんしこしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
箪食壺漿

【読み方】
たんしこしょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自分たちを救ってくれた軍隊を歓迎すること。

【語源・由来】
『孟子』「梁恵王・下」より。竹の器の飯と壺の飲み物で軍隊を迎えるという意味。「箪」は竹製の器。「食」は飯、「漿」は酒でない飲み物という意味。


箪食壺漿(たんしこしょう)の使い方

健太
この村の人たちは、昔、独裁者の圧政に耐えかねていて、そこから救ってくれた侵略者に感謝し箪食壺漿の歓待をしたそうだよ。
ともこ
へえ。侵略者って嫌われるものだと思っていたわ。
健太
色々あるんだね。
ともこ
歴史って面白いわよね。

箪食壺漿(たんしこしょう)の例文

  1. こんなに箪食壺漿の歓待をされるとは思ってもみませんでした。
  2. 残り少ない食べ物を私たちに供してくれて、箪食壺漿の歓待をしてくれた村人たちを見て、救ってよかったと思いました。
  3. 思想や文化が違う我々を箪食壺漿の歓待でもてなしてくれた彼らの今までの苦しみを慮りました。
  4. 戦地に取り残された民衆を助けるために派遣された我々を箪食壺漿の歓待で迎えてくれました。
  5. 箪食壺漿の歓待を受け、命がけで戦った甲斐があったというものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事