鉄樹開花【てつじゅかいか】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
鉄樹開花

「鉄樹、花を開く」とも読む。

【読み方】
てつじゅかいか

【意味】
物事の見込みがないこと。

【語源・由来】
「鉄樹」は鉄でできた木、また、六十年に一度、丁卯の年にだけ開花するといわれる木のこと。鉄の木に花は咲かないし、六十年に一度というのは、めったに来るものではないことから。

【典拠・出典】
五灯会元』「二〇」

【類義語】
・雄鶏生卵(ゆうけいせいらん)


鉄樹開花(てつじゅかいか)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、もういいお年頃よね。結婚しないの?
健太
兄さんの結婚は、兄さんが女性に興味がないから鉄樹開花じゃないかなあ。
ともこ
まあ、そういう選択肢もありよね。
健太
そうだよね。趣味に生きていて幸せそうだよ。

鉄樹開花(てつじゅかいか)の例文

  1. 出席日数が足りない健太くんの今年度の卒業は鉄樹開花でしょう。
  2. 鉄樹開花、治る見込みがない病気にかかってしまいました。
  3. 健太くんのお父さんの今後の出世は鉄樹開花だけど、出世レースから外れたことで意外とのびのびと楽しそうです。
  4. 健太くんとともこちゃんが仲直りすることは鉄樹開花、無理だろうな。
  5. 鉄樹開花というように、可能性が低いことにかける予算はないよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索