徳性滋養【とくせいじよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
徳性滋養

【読み方】
とくせいじよう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
徳性を養い育てること。

【語源・由来】
「徳性」は人が天から与えられた本性。道徳的な立派な性質。「滋養」は養い育てるという意味。


徳性滋養(とくせいじよう)の使い方

ともこ
健太くんはどんな学校に進学したいと思っているの?
健太
偏差値に関係なく徳性滋養してくれる学校がいいなあ。
ともこ
子供の徳性、才能を伸ばしてくれる学校はいい学校よね。
健太
うん。そういう学校に巡り合いたいな。

徳性滋養(とくせいじよう)の例文

  1. 道徳教育の実践研究推進指定校だった大津市の学校で陰湿ないじめ問題が起こり、子供たちの未来のために徳性滋養しなくてはいけないと、道徳が教科化されました。
  2. この学校では徳性滋養を第一に考えているので、勉強は二の次なんです。
  3. イソップ童話は徳性滋養を目的としているような、教訓的な話が多いです。
  4. 徳性滋養し社会に出たときに、立派な社会の一員として社会に貢献することができるようなそんな成長を促したいと思っています。
  5. 教育現場で徳性滋養に力を入れれば、生きる意味や目的を見つけ、楽しい人生を送ることができるんじゃないでしょうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事