憐香惜玉【れんこうせきぎょく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
憐香惜玉

「惜玉憐香」ともいう。

【読み方】
れんこうせきぎょく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
香や玉をいつくしむ。また香や玉を女性にたとえて、女性をいつくしみ大切に思うことのたとえ。


憐香惜玉(れんこうせきぎょく)の使い方

ともこ
健太くんは、憐香惜玉の念を大事にしていて素敵よね。
健太
女性がいないと、人類は子孫を残すことができないのだから、レディーファーストは大事なことだと父さんに教えられてきたからね。
ともこ
へえ。健太くんのお父さんはすごいわね。
健太
父さんは母さんに教育されたようだよ。

憐香惜玉(れんこうせきぎょく)の例文

  1. 憐香惜玉の気持ちがあったら、ミスコンで水着審査なんてしないわよね。
  2. お姉さん4人にもまれて育った健太くんは、憐香惜玉の念を持つことが家庭円満の秘訣だと知っています。
  3. 憐香惜玉の気持ちがある健太くんと結婚するともこちゃんは幸せ者ですね。
  4. 私の上司は、憐香惜玉というように、女性蔑視しないで大切に扱ってくれるから助かります。
  5. 憐香惜玉の念がある健太くんは、重い荷物を代わりに持ってくれたりして、女性に対して思いやりにあふれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事