読書尚友【どくしょしょうゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
読書尚友

【読み方】
どくしょしょうゆう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
書物を読んで、昔の賢人を友とすること。

【語源・由来】
『孟子』「万章・下」より。「尚」は過去にさかのぼるという意味。


読書尚友(どくしょしょうゆう)の使い方

健太
ともこちゃんはよく読書をしているよね。
ともこ
ええ。健太くんも読書をするといいわよ。
健太
読書って楽しい?
ともこ
読書尚友をすることで教養が深まって、女の子にもてるようになるわよ。

読書尚友(どくしょしょうゆう)の例文

  1. 読書尚友をするようになってから、健太くんは学ぶことが多かったようで人が変わったようだ。
  2. 寒い冬には、暖かい部屋の中で読書尚友する楽しみがあります。
  3. 健太くんは、読書尚友することで知識欲が高まったようです。
  4. ともこちゃんの勧めで読書尚友している健太くんは、江戸時代に興味を持ち学ぶ楽しみを知ったようです。
  5. 本が嫌いだった健太くんが読書尚友するようになってから、感情豊かになったようです。

まとめ

読書尚友することを目的に、「青空文庫」では著作権保護期間が終了した作品を中心に、たくさんの電子書籍を無料で閲覧することができます。雨の降る日、雪の寒い日、より良い一冊に巡り合えるといいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事