蹈節死義【とうせつしぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
蹈節死義

【読み方】
とうせつしぎ

「節を蹈み義に死す」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
節操を守り、正義のために命を捨てること。

【語源・由来】
『晋書』「元帝紀」より。「蹈節」は節操を守ること。「死義」は正義のために死ぬこと。


蹈節死義(とうせつしぎ)の使い方

健太
ゴレンジャーの人たちって蹈節死義することは、当たり前のことなんだろうね。
ともこ
そうね。正義のために命を懸けているわよね。
健太
ゴレンジャーが結婚して子供が生まれたら、子供のために生きたいって思わないのかな?
ともこ
だからなのか、ゴレンジャーには独身しかいないような気がするわ。

蹈節死義(とうせつしぎ)の例文

  1. ともこちゃんを守るために蹈節死義するなんて、きっと健太くんは本望だったことでしょう。
  2. 命は鴻毛より軽し、蹈節死義することを決して後悔しないでしょう。
  3. 蹈節死義、正義のためならこの命、惜しくはありません。
  4. 暴漢を命がけで追いかけたあの警察官は、蹈節死義が大事だと考えていたようです。
  5. 友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない、蹈節死義だとヨハネはいっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事