動静云為【どうせいうんい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
動静云為

【読み方】
どうせいうんい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
人の言動のこと。

【語源・由来】
朱熹の文より。「動静」は日常の行動、立ち居振る舞い。「云為」は言行。


動静云為(どうせいうんい)の使い方

ともこ
健太くん。こんなところで鼻をほじって、恥ずかしく思わないの?
健太
大丈夫だよ。誰も見ていやしないよ。
ともこ
動静云為は意外と人に見られていたり、聞かれていたりするものよ。ちなみにあそこに防犯カメラがあって、警備員さんに見られているわよ。
健太
うわあ。恥ずかしい。これからは気を付けよう。

動静云為(どうせいうんい)の例文

  1. 壁に耳あり障子に目ありというから、動静云為には気を配りましょう。
  2. 健太くんの動静云為なんて、たいてい何にも考えていないでやっていることが多いんだから気にしないほうがいいわよ。
  3. ともこちゃんは、責任ある立場にいる人なんだから動静云為には気を付けないといけません。
  4. 政治家は、非公式の場であっても動静云為に注意しないと、マスコミにたたかれて炎上します。
  5. 人の動静云為ばかり気にしていないで、自分のことをもっと気にしたらどうかしら。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事